国体予選決勝 南大阪スピリッツ戦
打順を組み替え復調を期待した打線だが、全く機能しなかった。去年一度もなかった零封負け、
決勝での連勝も止まった。 
ここまで打てなくなるものかと思うほど、状態はひどい。2試合での得点はわずか2、ランナーす
ら出なくなった。芯を食う当たりは最終回の木村と有木の2つのみ。深刻さは増すばかりだ。 
先発は登板過多を考慮して河野を温存、調子のいい有木に。期待に応え4回まで無失点に抑え
たが5回二死から肘に違和感を訴え降板、リリーフの木村が最終回二死1、3塁から暴投で決勝
点を与えて決してしまった。 
投手陣は2試合で3失点のみ、十分にゲームを作ってる。敗因は誰の目にも明らかだ。
                               

 国体予選決勝   2016年2月14日 天候:曇り 場所:浪速公園球場 14:02プレイボール 

   
南大阪スピリッツ
スラッガーズ
勝:川谷
敗:木村
S:   勝利打点:
  回数 打者 安打 四球 三振 失点
有木 2/3 20
木村 1/3


        打席 打数 安打 打点 得点 四球 三振 1回 2回 3回 4回 5回 6回
  良太 右飛 三ゴ   三振
西村 左飛 一ゴ   二ゴ
  木村 三振 三ゴ 左安
  有木 三ゴ 四球 遊直
    江崎 二ゴ 三ゴ  
    松田 一飛 四球  
    斎藤 投ゴ 投安  
  土居 一ゴ 投ゴ  
    北山   四球 二ゴ  
堀地          

 控え 石川、今井、河野
  盗塁 木村2、有木、北山                

inserted by FC2 system